なんとなく納得のいかないホワイトデー

なんとなく納得のいかないホワイトデー

ホワイトデーとは、2月14日にチョコレートを貰った女性にお返しをあげる日という認識が私の中にはあります。

 

今の子供達の事情は分かりませんが、私が子供の頃は、チョコのお返しに、同じくらいの値段の飴やお菓子をあげていました。同じくらいと言っても、後からあげる方は、どうしても、もらった物よりも安い物はあげにくいし、安い物をあげてしまったら女子の間で何を言われるか分かったものではないという不安があったことも確かでした。

 

 

そんな背景があることと、現在のホワイトデーの一般的な事情から、現在では、たかがチョコをもらったとしても、本命の女性にはピアスやネックレスなど、義理チョコでさえも有名な高級菓子を返しています。

 

こんなにお金がかかるなら、チョコなんて欲しくないというのが本音です。